メニュー

翔泳社アカデミー通信講座の評判・口コミを徹底調査しました。

試験間近で勉強したい人や短期集中で勉強したい人向けの通信講座。

電気工事士の通信講座の中でユーキャンに並び有名なのが、「翔泳社アカデミー」の電気工事士通信講座です。

「翔泳社アカデミー」の電気工事士通信講座は、
・第一種電気工事士短期合格特別講座
・第二種電気工事士短期合格特別講座
・電験3種合格特別養成講座
の3種類があります。

翔泳社アカデミーの第二種電気工事士通信講座

翔泳社アカデミーの第二種電気工事士通信講座は、ユーキャンに比べると1万円ほど値段が安いです。

その代わり学習期間が3か月と短いので、試験間近で勉強したい人や短期集中で勉強したい人向けで、初心者がじっくりしっかりと・・・という場合はユーキャンの講座が向いています。

内容と受講料

受講料 総合コース:50,000円+税
技能コース:36,000円+税
支払い方法:クレジットカード、代金引換、銀行振込(前払い)が可能

※工具セットがついていないので、別途購入する必要あり。
工具は約8千円~(参考:絶対失敗しない!電気工事士工具の選び方
使用教材 ■総合コース
1)筆記対策テキスト
・電気教科書 第二種電気工事士 [筆記試験]合格ガイド 2015年版 (翔泳社刊)×1冊

2)筆記対策ライブ講義DVD
・電気教科書 短期合格特別講座 専用DVD 筆記対策(約300分×2枚)

3)補強教材
・電気教科書 第二種電気工事士 出るとこだけ! 筆記試験の要点整理 (翔泳社刊)×1冊
・電気教科書 第二種電気工事士 [筆記試験]過去問題・解答と解説 ×1冊
・電気教科書 第二種電気工事士 ナビゲーションブック×1冊
・添削問題I ・II ・III×1冊

4)技能対策ライブ講義DVD
・電気教科書 短期合格特別講座 専用DVD 技能対策(約120分×1枚)

5)技能試験練習用部材セット
・第二種電工試験 練習用部材セット ×1セット
(ホーザン製: 2015年候補問題 全13問完全対応)
※2015年候補問題13問を練習できる、電線と使用器具がすべて入っています。
※2015年候補問題対応の「候補問題攻略DVD」と「すべての複線図付き」です。

■技能コース
1)技能対策ライブ講義DVD
・電気教科書 短期合格特別講座 専用DVD 技能対策(約120分×1枚)

2)技能試験練習用部材セット
・第二種電工試験 練習用部材セット ×1セット
(ホーザン製: 2015年候補問題 全13問完全対応)
※2015年候補問題13問を練習できる、電線と使用器具がすべて入っています。
※2015年候補問題対応の「候補問題攻略DVD」と「すべての複線図付き」です。

サポート内容 ・受講者専用の「質問シート」を郵送またはFAXで質問が可能。
・メールでも質問可。
学習期間 3か月

評判と口コミ

国家資格の勉強をしたくて、興味のあった電気工事士の講座を受講しました。短期間で合格までのステップをしっかりこなせたので、勉強がはかどりました。(20代 男性)
教材と一緒に付いていた「ナビゲーションブック」のおかげで勉強の工程に迷うことなく最後まで試験勉強をこなせました(30代 男性)
教育訓練給付金が利用できたので思っていたよりも安く受講できたので助かった。(20代 男性)
×この年齢になって初心者で勉強した私にとっては、学習期間が短く急いで急いでなんとかこなしたという感じで、もう少しじっくりできれば余裕があったかなと思いました。(40代 男性)

教育訓練給付制度が使える

翔泳社アカデミーの第二種電気工事士講座はユーキャンと同様、教育訓練給付金が利用できます。

受講完了後に簡単な手続きをすれば、支払った受講料の20%がハローワークから支給される仕組みになっています。(教育訓練給付制度について詳しくはこちら

私的評価

基本のテキストは1冊。そこに要点がギュッとつまっている感じです。DVDの講義と合わせて3か月という短い期間で勉強していくという流れになっていますが、仕事しながらとか学校に行きながらという場合は相当前向きに毎日頑張らないといけないスケジュール感です。

資格試験日までの期間がもうあと少ししかないとか、長い期間ダラダラ学ぶよりも短い期間でやるのが好きという方には向いています。

スポンサーリンク

翔泳社アカデミーの第一種電気工事士通信講座

第二種電気工事士の上位資格、第一種電気工事士の資格取得通信講座。第一種を持っていると600Vを超える高圧を取り扱えるようになります。

そのため現場では、第二種電気工事士の資格のみという人よりも第一種電気工事士の資格を持っている方が仕事の幅がぐっと広がります。

第二種と同様、標準学習機関は3ヶ月。短期集中型の通信講座です。

内容と受講料

受講料 総合コース:80,000円+税
技能コース:42,000円+税
支払い方法:クレジットカード、代金引換、銀行振込(前払い)が可能

※工具セットがついていないので、別途購入する必要あり。
工具は約8千円~(参考:絶対失敗しない!電気工事士工具の選び方
使用教材 ■総合コース
1)筆記対策テキスト
・電気教科書 第一種電気工事士 出るとこだけ! 筆記試験の要点整理 (翔泳社刊) ×1冊

2)筆記対策ライブ講義DVD
・電気教科書 短期合格特別講座 専用DVD 筆記対策 (約240分 × 2枚)

3)補強教材
・電気教科書 第一種電気工事士 ナビゲーションブック×1冊
・電気教科書 第一種電気工事士 [筆記試験] 合格ガイド (翔泳社刊) ×1冊
・電気教科書 第一種電気工事士 [筆記試験] 模擬問題集 ×1冊
・電気教科書 第一種電気工事士 添削問題集Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ×1冊

4)技能対策テキスト
・電気教科書 第一種電気工事士 [技能試験] 合格マスターブック ×1冊

5)技能対策ライブ講義DVD
・電気教科書 短期合格特別講座 専用DVD 技能対策 (約200分 × 1枚)

6)技能試験練習用部材セット
・第一種電工試験 練習用部材セット ×1セット
総合工具メーカー、ホーザンが、本講座の「14テーマ式完全攻略技能対策」専用に製作した部材・電線のオリジナルセットです。

■技能コース
1)技能対策ライブ講義DVD
・電気教科書 短期合格特別講座 専用DVD 技能対策(約120分×1枚)

2)技能対策ライブ講義DVD
・電気教科書 短期合格特別講座 専用DVD 技能対策 (約200分 × 1枚)

3)技能試験練習用部材セット
・第一種電工試験 練習用部材セット ×1セット
総合工具メーカー、ホーザンが、本講座の「14テーマ式完全攻略技能対策」専用に製作した部材・電線のオリジナルセットです。
サポート内容 ・受講者専用の「質問シート」を郵送またはFAXで質問が可能。
・メールでも質問可。
学習期間 3か月

評判と口コミ

第二種電気工事士の資格は持っていたため、働きながらスキルアップしたいと思い受講。短期間で試験に望めたのでとても助かった。(40代 男性)
就職した会社がビルや学校といった大きな施設の電気工事を請け負っていたため、仕事をしながら受講。要点がまとまっているテキストがとても役に立った。(30代 男性)
講義DVDがとても役に立ちました。特に技能の方では実際の作業が見れるので自身で練習するときの強い味方でした。(30代 男性)
×受講在籍期間は半年となっているが、3か月の学習期間では勉強の内容量がギリギリこなせるかどうか、と感じる時があった(20代 男性)

私的評価

翔泳社アカデミーの通信講座の特徴はなんといっても「短期間で合格を目指す」というところだと思います。ただ口コミにもあったように、誰もがきちんと学習期間内にこなせるのか?というところが若干の不安要素です。

技能試験だけ受けたいという人は、短期間で試験勉強ができるので最適な通信講座と言えます。

翔泳社アカデミーの電験3種資格取得通信講座

翔泳社アカデミーの電験3種通信講座は学習期間が24か月と長期になっています。しっかりじっくりと学び、安心して試験に望むことができます。

講座内容

使用教材 ■DVDフルサポートコース
1)メインテキスト
・理論
・電力
・機械
・法規
・法規 別冊
・電験3種の数学

全6冊

2)サブテキスト
・ナビゲーションブック
・応用力アップ問題集
・計算問題ドリル
・要点生理集

全4冊

3)ライブ講義DVD
・理論(120分×6枚)
・電力(120分×6枚)
・機械(120分×6枚)
・法規(120分×3枚)
・数学(120分×3枚)

全24枚

4)直前対策講習
・直前模擬問題集
・ネット配信講義(90分×8回)
※2年間有効

サポート内容 ・受講者専用の「質問シート」を郵送またはFAXで質問が可能。またメールサポートもあり。(24か月24時間受付)
・電話サポートあり。(12ヵ月回数無制限)
学習期間 通信講座を受ける人それぞれ異なる。(在籍期間は24か月)

翔泳社アカデミー電験3種資格取得講座の口コミ・評判

サポートのメールは何度も利用しました。PDFファイルなどで図解で質問への回答を送っていただき、じっくり考えることができました。(30代 男性)
勉強に必要なところを集中してまとめた薄いテキストだったのがとてもよかったです。授業を再現するようなライブDVDもとても役立ち、何度も復習できて基礎が十分に身に付きました。(30代 男性)
「この資格は一人じゃ無理だ。プロの教えを受けよう。」と思って受講したのがこの講座でした。初学者をしっかりを導いてくれる仕掛けが充実していて、最後まで挫折することなくやり切ることができました。(40代 男性)
×問題を解いていくと、答えを見ても納得できない問題がたくさん出てきました。サポートスタッフの方に電話で相談しましたが担当者が毎回同じわけではないので。一度電話を切るとまたイチから説明しなきゃいけなかったりしました。(50代 男性)

資格試験の合格率

第二種電気工事士の資格試験自体の合格率は、ここ4年間筆記が60%前後、技能試験が70%代で推移しています。※下記合格率は上期・下期の合計です。但し、平成27年度は上期のみ。

第二種の合格率 筆記試験 技能試験
平成24年 58.2% 70.6%
平成25年 62.4% 76.0%
平成26年 59.0% 74.2%
平成27年 62.4% 71.8%

翔泳社アカデミーの通信講座受講者の合格率

翔泳社アカデミーの通信講座受講者の合格率は90%以上。

翔泳社アカデミーへ電話で問い合わせたところ、第一種・第二種電気工事士、電験3種それぞれ受講者の合格率は90%以上とのことでした。

・・・が、「テキストをこなし、添削や模擬試験をしっかりと受けた人はたいてい合格している」との返答をされ、いちいち受講者の合格率を調査していないので詳しい数字は分からないそうです・・・。

受講者の合格率をきちんと調査し公表しているユーキャンとはなんだか違うな、と感じました。

※この合格率は正確な数字ではなく、受講完了後の調査に回答があった受講者数から割り出されたものとなっています(回答のなかった人は計算に入っていない)。

翔泳社アカデミーの特徴まとめ

翔泳社アカデミーの特徴はとにかく【短期】

3か月という短期間で学習する

初めて電気工事士の勉強をする人には3か月間という期間は短いかもしれません。が、短期集中が得意な方にとっては短期間で勉強をして資格を取得出来ることはメリットが大きいです。

仕事をしながら資格試験の勉強をしていくのは時間との戦いです。短期集中で勉強ができる点は翔泳社アカデミーの1番の強みだと感じました。

要点がまとまったテキスト

他の通信講座に比べると翔泳社アカデミーの講座はテキストが少ないです(受講期間も短いですし)。ただテキストの数が少ないのは、その中に勉強に必要な「要点」がまとまっているからだ、とも言えます。

テキストを見ると、確かに「何を知ればいいのか?」「どこの勉強を中心にやっていけばいいのか」がわかりやすくなっています。

スポンサーリンク

翔泳社アカデミーの私的総合評価

短い期間で勉強したい人向けの講座。

受講料、学習期間なども踏まえて総合評価すると、翔泳社アカデミーの電気工事士の通信講座は「3ヶ月しっかり勉強時間がとれる人」「基礎の知識はあり、短期間でスキルアップしたい人」向けとなっています。

サポート環境もきちんと用意されていますが、郵送やファックス・メールと返信に時間を必要としますのでそれが勉強のペースにも関わってきます。何より全く知識のない初めて勉強する人にとっては3か月間要点だけを学んだとしても、技能の試験をこなせるかどうかがやはり気になる点です。

「資格取得者」の視点と「初学者」の2つの視点から考えて、電気工事士の資格勉強は短期間でこなすことを優先するよりも自分のペースをしっかり持つことが大切です。こういう技術職の資格試験は、実際に現場で働いている人や技術面のアドバイスをくれる人が身近に居ない場合は技能の勉強がネックになってきます。

そのため通信講座ではサポート体制の充実が要だと、私自身電気工事士の資格勉強をしていて思いました。サポート面では第一種・第二種共に郵送・メール・FAXでしか問い合わせができないのでその面でも少々不安が残ります。

翔泳社アカデミーの短期合格特別講座の資料請求はこちら

電気工事士講座は必ず比較してから決めるべき!です。
1度の入力で、複数の電気工事士講座の資料請求ができます(無料です)

電気工事士講座の資料をまとめて請求して比較できます。

無料で一括資料請求できる講座は、
・日本教育開発(NKK)筆記試験対策/技能試験対策/直前講座
・ユーキャン ・日建学院 ・ウイズミー 他

一種・二種どちらも対応しています。費用・学習期間・教材やサポート環境だけでなく合格率も違うので、必ず複数の講座を比較してから決めましょう

⇒無料一括資料請求はこちらからできます

すぐにわかる電気工事士

  • 電気工事士って何?どんな職種?どうやってなるの?
  • 資格の種類・難易度 取るべき有利資格がすぐわかる!
  • どこで学ぶ?勉強方法!最短で一発合格する方法ははコレ!

 スポンサーリンク

電気工事士ってなに?

資格の取得方法

電気工事士の勉強方法

電気工事に関する資格の種類

取得後

体験電気工事士

電気工事士コラム

このサイトについて