メニュー

派遣電気工事士を目指す人の為の求人情報まとめ

電気工事士の派遣社員/アルバイトについて徹底的に掘り下げてみました

このページでは、派遣社員で電気工事士を目指す方向けに派遣社員の給料と、派遣会社・求人サイトをまとめました。

短期求人が多いところや地域別の派遣会社も掲載しています。

加えて、当サイトへも質問が多い「未経験でも電気工事士として派遣で働けるのか?」という点についても解説しています。

まずは派遣という選択もあり

最初に結論から入りますが、今回調査をして思ったことは電気工事士の正社員を目指したり、アルバイトとして雑用から始める前に、まずは「派遣」として現場を知る選択も全然有りだと感じました。

派遣のほうが給料などの待遇が良く、経験も積める

普通に就職するより、給料が高い/残業が少ない/勤務時間に融通が利くなどのメリットが

とにかく給料と勤務時間を優先して電気工事士の資格を活かした仕事がしたいと考えるなら、「派遣」は選択肢に入れる価値ありです。

雇用しているのは派遣会社なので、残業代やボーナス、その他の福利厚生も派遣会社の基準です。とにかくたくさん稼ぎたい!という方にも派遣での求人は良い条件と出会えます。

電気工事士の派遣会社と求人サイトまとめ

電気工事士の派遣求人を探し方として一般的なのは、インターネットの派遣求人情報サイトで求人を探し応募する方法です。

今回当記事を執筆するにあたり、数々の派遣会社を調査しました。その中で電気工事士資格保有者の管理人がここだけは押さえておきたい!という派遣会社と求人サイトをまとめました

ここだけは押さえておきたい派遣会社

電気工事士の求人が探しやすい派遣会社をまとめました

■リクナビ派遣 http://haken.rikunabi.com/
■はたらこねっと http://www.hatarako.net/
■マイナビ派遣 http://haken.mynavi.jp/
■テンプスタッフプラス http://www.tempstaffplus.co.jp/
■パナソニックエクセルスタッフ https://excelstaff.co.jp/

派遣会社は大手の会社も含めればまだまだたくさんありますが、それぞれの会社によって「取り扱っている職種」に特徴があります。

上記派遣会社は、有資格者の私から見て「派遣登録の手間」「派遣会社としてのサポート」「派遣先決定後の待遇」を考慮して抜粋しました。

電気工事士の短期求人が多い派遣会社

電気工事士の派遣で短期の求人はあまり多くありません。そんな中でも短期求人の案件が数件見つかったのが上記にも掲載したテンプスタッフグループです。

調査時点で見つけた短期の求人案件は、遊園地やドーム施設の設備管理の求人でした。

テンプスタッフの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

派遣で電気工事士として勤務したときの給料はいくらか

登録する派遣会社によって若干異なってきますが多くの場合、「時給」で給料の記載がしてあります。

※勤務する地域と仕事内容によって時給に差があります。

派遣の電気工事士でもアルバイトと給料に差がない。

平均時給1500円~2000円、平均年収400万円

実際の電気工事士派遣社員求人の給料・時給を調査しました。

仕事内容 時給 勤務時間 詳細
ビル管理・調整業務 1,700円 9:00-17:30 時間外:月末月初に発生(月10時間程度) ビル衛生管理技術者or電気工事士資格取得者優遇
鉄道信号商品ルート営業 1,750円 8:30-17:20 残業:月20-30時間 第二種電気工事士資格取得者優遇
電気内線工事の施工管理業務 2,300円 8:30-17:30 無期雇用 実務経験3年、CAD操作、第二種電気工事士以上
大手企業ビル管理 1,400円 7:50-16:35他 1時間毎のシフト勤務 第二種電気工事士、機械系資格or学部学科卒
太陽光発電の電気施工管理 2,200円 8:00-17:00 1級電気施工管理技士、第1種電気工事士

給料の金額面だけでいえば電気工事士のアルバイトと大差ないというのが、調べて分かったことでした。ただ、給料以外の待遇面に関しては派遣会社の基準になるので、有給休暇や残業代・健康診断などの福利厚生がしっかりしています。

そう考えると、会社に直接雇用されたアルバイトの電気工事士として働くよりも派遣の電気工事士として働く方がメリットはあります。

未経験でも電気工事士として派遣で働けるか

就職、転職、アルバイトと同様に、派遣でも電気工事が未経験でも応募できる求人があります。(ただし、どの派遣会社でも電気工事士資格をもっている人の方が優遇されます)

未経験OKの求人があるとはいえ、電気工事士の資格取得前で、かつ未経験の状態で派遣求人を探す方はかなり厳しい状況になることが予想されます。

未経験だとしても、ひとまず電気工事士の資格を取得しておくことで他の応募者より有利に立つことができます

未経験でも電気工事士の資格を取得しておこう

人材を求めている会社に「おすすめの人材」として見てもらうためには、未経験であってもアピールできるポイントとして電気工事士の資格を取得しておくことをおすすめします。

今回の調査で気付きましたが、求人の応募条件には「未経験可」「電気工事士の資格を持っていれば尚可」の記載が多くみられました。

これは「未経験であっても知識があれば来てほしい」ということなので、「電気工事の知識がある」という点で未経験でも有利になることが分かります。

どの派遣会社でも登録の際に簡単なテストがある
  • ・ワードやエクセルなど基本的なタイピング操作ができるかどうかのテスト
  • ・一般常識のテスト

技術者の人材派遣に特化した派遣会社であれば電話応対など事務関係のテストは少ないですが、一般的にはどの派遣会社もスタッフ登録をする際に簡単なタイピングテストと一般常識のテストを設けているところがほとんどです。

会社によっては「スキルチェック」といった言い方をするところもありますが、決して難しいテストではありません。

PCで仕事のデータ管理をしている会社が多いため、雇用された際にパソコンの操作ができるかどうか?ということを確認するためのテストとなっています。

電気工事士の技術・知識以外のことも考えておく

社会経験やコミュニケーション力等電気工事士の知識以外でアピールできる自分の能力を考えておこう

派遣社員は直接会社に雇用されるのとは違い、派遣会社の登録スタッフとして雇用先に送られます。

そのため、雇用先の会社の求める条件に合っているかどうか?ということを常に求められます。

電気工事士の技術や知識以外にも、当然社会経験やコミュニケーション能力も大切です。

電気工事士として成長していける人材なんだということを雇用先に伝えるためには、電気工事士以外の知識や能力の中で自分がアピールできる点はなんなのか、改めて考えておきましょう。

電気工事士講座は必ず比較してから決めるべき!です。
1度の入力で、複数の電気工事士講座の資料請求ができます(無料です)

電気工事士講座の資料をまとめて請求して比較できます。

無料で一括資料請求できる講座は、
・日本教育開発(NKK)筆記試験対策/技能試験対策/直前講座
・ユーキャン ・日建学院 ・ウイズミー 他

一種・二種どちらも対応しています。費用・学習期間・教材やサポート環境だけでなく合格率も違うので、必ず複数の講座を比較してから決めましょう

⇒無料一括資料請求はこちらからできます

スポンサーリンク

すぐにわかる電気工事士

  • 電気工事士って何?どんな職種?どうやってなるの?
  • 資格の種類・難易度 取るべき有利資格がすぐわかる!
  • どこで学ぶ?勉強方法!最短で一発合格する方法ははコレ!

 スポンサーリンク

電気工事士ってなに?

資格の取得方法

電気工事士の勉強方法

電気工事に関する資格の種類

取得後

体験電気工事士

電気工事士コラム

このサイトについて